おうがば画

ニコ動でTOの動画を作ったりするブログ。

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニコニコ動画のサイズが変わることとドット動画について

【事前告知】新バージョンZeroに伴う変更

■動画視聴プレーヤーの画面サイズが変わります。
Zeroバージョンの動画視聴プレーヤーは、画面サイズ ※ が変わります。
※ 動画表示エリアのサイズ

通常モード:横:864 縦:486となります。

http://blog.nicovideo.jp/niconews/2012/04/031597.html

・・・せっかく製作再開しようと思ったら。

勝手に等倍以外の拡大をされると
ドット系動画には非常にまずいことになるんだけどどうなっちゃうんだろう。




NICOver画面43_


というわけで早速検証。上の画像はもともとの256*192サイズ。
ずっと前にブログで説明したけどSFC標準より高さが32pixelほどせまいので窮屈極まりない。


さて新基準。2倍拡大なので基準は432*243
まずは高さの243にあわせて従来どおり4:3になるように324*243に黒ベタを入れてみる


ZEROver画面43_

・・・広くなって悪くない・・・だが・・・。
余る、あまるぞ。左に寄せれば横書きの解説でも入れられそうなこのスペース。
SFCの標準サイズである256*224から高さの問題が解決したと思ったら
今度は横幅があまりまくりとは・・・。
横幅の増加分が68pixel。黒枠がなんと両端合わせて98pixel。
仮に画面を左詰にすると、余った黒枠部分にTOフォント(1文字幅8pixel)が横に12文字入る。もちろん拡大前。パネぇ。
縦幅はSFC標準から19pixel増加だけど今までが狭すぎという感じはする。



フルサイズにすると、こう。


ZEROver画面169

でぶ・・・いや、あまりにも横幅ありすぎだ。画面に対してセリフウインドウが小さすぎてこれじゃラグナロクオンラインとかその辺だよ。
この画面を埋めきるのにあと何人分スプライトを増やせばいいのだろう。今でも20人前後のオーバーワークで諦めているというのに(泣)

しかもここまで広いと見えてしまってはいけないところまで見えてしまって演出そのものを見直すことも視野に入れなくてはならない。見えてないところで動きをサボらせたりとか裏技が使えなくなる。カメラワークでごまかしてた部分、たとえば中央で殺陣をやってるのに隅っこで延々足踏みを続けるキャラが見えていたらそれはすっげえ不自然なわけで。



このままでは埒が明かないというか、のべ5年かけても動画ができない気がするので
セリフ枠を二倍のまま残して他を三倍に拡大。
これでもなお512*384時代より横幅が広いってすげー。

③(クリックでつぶれてない画像)
ZEROver画面169_2

これはあれだ、キャラに対して顔グラが小さすぎてもうセリフ枠に顔グラフィックいらない気がする。
どこかから立ち絵をとってきて枠の隣に貼り付けでもしたほうが自然だ。つまり運命の輪方式・・・。

黒枠に目をつぶって①で作ればセリフに高さをとられない分、もともとのサイズよりやりやすくなるのかな。
他の製作者さん、特に動画をキャプチャして素材を調達してるテンダスPとか具Pとかはもっとアタマ痛いだろうなあ・・・どうなんでしょう。なれない画面比だとどうしても違和感があるし4:3で横256pixelに合わせると今度は上下に51pixelもの空白がでてきてしまうという。
256*224はテレビ出力でピクセル縦横比を横に1.1倍することを考慮してるからそのままだとどうしても縦長に感じるし・・・。
レイアウト見直しって地味に動画全体に響くからヤだよなー。

いっそ、768*576とか1024*768とか960*540とか1280*720にしてくれれば悩みがなくていいんだけど。
なしてこんな半端なさいずになってしまったのやら。


あ、あとこれだけでかい動画だと容量も半端じゃない気がする。
時間を食うノベ架空系の動画だと今までの画質で20分持たないんでは・・・?
アップロード上限引き上げとかの救済はあるんでしょうか。
スポンサーサイト

| その他 | 11:41 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。