FC2ブログ

おうがば画

ニコ動でTOの動画を作ったりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

団結を振り返る4~PVとノベル、動画の作りやすさについて

うかつなことを言うと底の浅さが知れそうで怖いのですが、私はPV?である
「団結」の他に「異伝TO」というノベルに近い作品も作っています。

「ノベマスはPVより敷居が低い、なぜなら用意する素材が少ないから、エフェクトとかそういうのないからだ。」

という意見を目にしますが、PVとノベルの(どっちも正確には違うものですが)
両方を作った経験からいうと、それはちょっと違う気もします。

今日はそんな話。9割が愚痴。


素材を用意しました。さあこの画像を動画にしましょうという段階に入る時、

PVなら簡単で、大元の「曲」のbpmに合わせて振りだのエフェクトだのを放りこめば
大体それっぽく仕上げることができます。

ですが、ノベル系動画となると、「画像を何秒表示したらいいか」
という大元の指標が全然存在しない状態で動画を作らなくてはならなくなります。


画面の切り替え速度からカメラワーク、行動の一挙手一投足に至るまで「自分で」
「自然になるように」作らなくてはならない…!


その際たるがノベルの生命線、テキストの表示であります。


ゲームなら自分でテキストを早送りできたり、ストップをかけられたりできますが、
動画中は自分で操作ができない。もちろん動画を見る全員の読むスピードが同じな
はずがないので、必ず何割かは動画を見ていてイラッとくる訳です。

その何割かを減らす努力が必要なのですが、自分が見てきた中で対策と言えるだろう
テキスト表示効果をいくつか例を挙げてみますと…

1.ポポポ音

言わずと知れた架空戦記の大御所、ともきPの「逆転裁判春香」



長所:テキストが完全にポポポで再現されるため、
   ほぼ音の会話を利いているのに等しいということ。
   
   最も大きい利点は、抑揚や語気を音のスピードと強弱で表現できるということ。

短所:ともきPもいってますが手間が半端でなくかかるということ。
   中途半端にやろうとすると平面的な会話になっちゃいます。
   
   さらに、よく使われるアイマスのキャプ画像と合わせると、
   どーもスッキリとしない。

   味のしないガムをかんでいるみたいな会話になってしまう気が…?

   トゥーンレンダ(だっけ)の絵とは相性が悪いような気がしてしまうんだ。
   特にアイマスは「喋る」からなおさらね。(あっ、Pポポポだわ)

   やはり、SEと合わせて「手書き」「逆転裁判」というベースがあるからこそ
   成り立つ方式なのかもしれません。

2.スライド表示

   紙芝居クリエイターには(多分)実装されている機能。いわゆる徐々に
   文字が表示されていく効果です。一番メジャーな機能。

長所:表示の早さを調節することで語気を強めたり迷いを表したりもできます。

短所:ゲームを使う架空戦記なんかだと、ゲーム内で任意のテキストを表示させたい場合
   には使えません。昔のゲームは独自のフォントを使うし。
   まあ、工夫次第でできちゃったりすることもあるんだけれど。
   
   あと、みんな使うからこれだけでは評価されないかな?効果も、(読み手側には)
   やらないよりはマシってくらいの認識しかされなさそうではある。

   文章送りにSEを付加するとか、1画面でテキストが終わらないときは文章送り用の
   アイコンを付加するとか、努力の方向で伸びシロはあるか。

3.BGMに合わせる




   場面場面でコンテを切って、とりあえずBGMを選定してしまい、
   そのbpmにあわせてテキストを表示していく方法。2.のスライド表示と合わせ技。

   具Pは多分、この方法。違ってたらごめんなさい。

長所:見ているほうのストレスが少ない。テキストは能動的に情報を理解しなくちゃ
   ならないからね。音楽に沿っていれば耳と目で受信できる訳ですから。

短所:BGMに沿うってことはせりふをBGMに合わせて考えなくちゃならないということ。
   
   エロゲ方式のコミュ会話ならまだいいが、他の動く要素が入ってくるとそれとも
   兼ね合わせる必要がある。プレイ動画を頻繁に使う動画は結構大変なはず。

   音楽センスがある程度、少なくとも使うBGMをある程度把握しているぐらいは
   していないと厳しい。特に曲の尺の把握は必須。部分部分で。

   でないと変なところで曲が終わってああ違和感だけが残ってしまったわ、
   てことにもなりかねない。

   BGMに依存する以上情熱をBGMにも多く注がなくてはならない。うーん。


まあ、テキストだけではない訳で、ゲーム画面を再現なんかする場合、
SRPGやRPGでの歩行速度なんかにも気を回し、というかほぼそこに全力を
費やさねばならなくなります―

以下愚痴。

(要するにゲームやってる体感速度と動画で見る体感速度というのは差が出るんよ。
 ておくれPもそうなのかもしれないけどあれ、1から構築するのはかなりしんどいんだ。
 カメラとか、ゲームでやってた頃には意識もしなかったこともバリバリ見なくちゃ
 ならない。TOのカメラって等速で動いているように見せて最初と最後でクッションを
 おいてたんだぜ、コマで見なくちゃわかんないよ。あと剣振りとか、ゲーム中は
 気にならなくても、自分の操作の入らない動画中では妙に長くかんじたりする。
 かといって全体を普通に縮めても早送りしたみたいで違和感でるし。すげえ大変。
 
 正直ドット書くよりこっちのほうが、10倍近い時間がかかるっすよ。お勧めしない。
 
 ておくれPは、ストーリーなのにあのペースでやるもんな。何使ってんだろ。
 …頭脳?)

愚痴終了。


はあはあ…。えっと、要するにPVもノベルも、
きちんとしたのを作ろうと思えばそれなりの努力が必要になるということです…。

あ、新規P減らしてどうすんだ。


…さあ、みんなも let'sニコマス!(もうおそいよ)


いや、そういうところに、もの作る面白さってあんのよホント。



プレビューの強いソフトを使えって? …それは、やぼってもんじゃないか。


嘘ですそんな金ないだけです。穴掘って稼いできます。


| 作品解説 | 23:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

ハイ、BGMに合わせる方法で頑張っている具Pですよー。
時々浮気して、BGM“を”合わせるって手法もとりますけどw

「PVがダンスと曲のシンクロで魅せるのなら、ストーリー系Pの私は物語と曲をシンクロさせて魅せちゃる!」と、かなーり力を入れている部分なので、コメで「曲に合わせているのか」と気付いてくれたりすると、超嬉しかったり。
だから物作りはやめられないッ!

さあ、みんなも let'sニコマス!

| ほうとうの具 | 2009/04/28 18:14 | URL | ≫ EDIT

間違ってなくて一安心ですw

ここは力入れてるぞッ!っていうのは割と見ている人に伝わるもんですね。

逆に全然意図していないところに気づかされるトコロも
あったりするのが楽しいところでもあって。

| 草おにぎり | 2009/04/28 21:48 | URL |















非公開コメント

http://ogrebaga.blog37.fc2.com/tb.php/25-752b72ba

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。