FC2ブログ

おうがば画

ニコ動でTOの動画を作ったりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

劇場版「アイドルたちのオウガバトル」の解説ッ!(その4)



『ラヂオ』にかまけててすっかり忘れてた解説の続き。
今さら誰も得しなくても、やる。

エピローグ、エンドクレジット、ニコ割の無限の可能性について。



(7)エピローグ 

ここからほぼカオス劇場。アイドルのあの字もありゃしない。

18:43
1.png

ストーリーテラー。

やよクリは団結の頃から使ってます。
先日名無しさんの指摘によってイタコであることが判明しました。
だから顔が恐いのね。(違

18:58
2.png

タロットカード。
カードの挙動は伝説キャラメイクとTOキャラメイクを目コピ。

HEROのカード、図柄はアルカール(没アイキャッチ)…って、何で解るんだ!
ROMをのぞくかアルティマニアを所持してないとわからんはず…ッ!コメント恐るべし。

ちなみに「スペードのA」ではなく、「ソードの1(大アルカナ)」です。
(0w0)ウェイ ←スペードのAのヒーロー。
真=ダディといい、つくづくライダー(しかもブレイド)に縁があるな。

余談ですがカード云々の設定って秀逸。具P好きだー!


19:36
3.png

下の人劇場。この絵は地味にお気に入り。

↓のニコ割りからののワさんが大発生したせいで、完全スルーされたやよクリの超早口。どうみても上は圧倒的インパクトです。本当にののワ。ていうかコメントジャンプはつけるべきじゃなかった。期待と裏腹にショボイし、なんかバグもあったらしいです。…東京編一話を作ったらそことリンクさせます。


 




ところでswfファイルってどうやってスクショを撮ればいいんだろ。
こうやってそのものを直張りすることはできるんですがSuzukaにスクショ機能はないし…。
スクリーンキャプチャしかないのかなあ。


あとSuzukaといえばスクリプトを挟むと完全プレビューができなくなるのがいただけない。NiVEにすら勝る機能があるのに。あとドラッグでキーフレームが動かせるようになったらなー。

とはいえswf作成のフリーソフトのなかでは群を抜いて高性能です。ニコ割作るのにはマジお勧め。特にNiVE使いにはレイアウトが似てるのですんなり導入できます。


ところでニコ割という小窓、なんかすごい可能性を秘めてるように感じます。

今回のニコ割りは2倍拡ですが、縦28pxでもオウガのキャラはぎりぎり全身が入ります。そしてTOの特性であるところの、「箱庭」「小さいスプライトでも細かく大きなアクション」「openGLその他の高度な処理を使用しない映像技術」…。現在NiVE上で自分が使用している技術の大半はSuzukaで再現できるレベルだったりします。つまり下でやってることは上でもできると。

コマ動画を切り捨てて直接Suzukaで編集することで問題だった容量も1分で20KB前後にまで落とし込むことに成功(びっくらこいた)。つまりその気になれば(ぶっちゃけ編集がすごい手間掛かるんですが)30分ニコ割りフルアニメ劇場を使用可能…。

こ、これは…革命かもしれない。俄然研究あるのみ…ッ!

創始者、ピコマスメドレーに感謝を。

そういう訳で『ラヂオ』でちょっと実験やっていきます。巻き込まれる爽快Pに黙祷。

第1弾であるところの第3幕追加ニコ割りで、「カメラ」「高速移動」「奥行き」とか
ニコ割のせまい縦の長さをどう克服するかをテストしてます。

目下いろんなgifアニメを研究中。




20:30
4.png


MEMORYのカード。

タロットカードがなければ自分で作ればいいじゃない!でも反応は薄い。

20:40
5.png

多分東京編第1話を作るならココからの続きじゃなくて、ちょっと前から遡る形式をとるでしょう。

20:43
6.png

タイトル。
エフェクトを『仕組み』で理解するって大事なことですよね。ロマサガ2+TOのOPの応用。

20:50
7.png

サムネ。
エフェクトは一部異伝OPから流用。サムネだけはどうにもならない。
どこでとっても小さすぎる。これがドットの欠点。
シームレスなので、むやみにカットを入れるわけにもねえ。
しかも目立つために4倍拡くらいにすると流石にジャギーがかっこ悪いことに…。

東京編は続くかどうか半々くらい…。まずはラヂオを片してからですね。

もともとアイマスTOを現代で…という構想を持っていて、どうにか短い話で出来ないかなあと思っていたら、偶然具Pが話を現代に戻したので、「乗っからない手はねーぜ!」って感じです。





(8)エンドクレジット 


21:09
8.png

小劇場。
ホントはニコ割にするはずで作った『音響室』。容量の問題で上手くいかず、せっかくなのでEDで再利用。多分やよクリがこの動画で一番動いたんじゃないかなあ。お疲れ。


21:16
9.png

キャスト。
やよいの心理描写悩みまくったせいか、気づいたら最初にやよいのクレジットが…。
ロ、ロリコンちゃうわ!

22:00
10.png


やよクリのリズム同期ですが、ぶっちゃけリズムを同期させるほうが楽に作れるのです。
なんたって尺が決まってますから。

22:40
11.png

オウガ、ほうとうの具P、ニコ割のアドバイスくれた爽快P、楽曲のうp主様、何より22分なんて動画を最後まで見てくれた視聴者の皆様に感謝。




以上、長々解説でした。

| 作品解説 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://ogrebaga.blog37.fc2.com/tb.php/89-96a960fb

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。